環境意識(生物多様性・外来種問題)に関するアンケート

上智大学地球環境学研究科
環境経済学研究室
     河野磨美子
(e-mail:m-kawano@sophia.ac.jp)
http://eco.genv.sophia.ac.jp/~kawano

 現在、上智大学 地球環境学研究科 環境経済学研究室では、『生物多様性・外来種問題』に関する意識調査を行なっております。お忙しい所まことに申し訳ありませんが、ご協力をお願いいたします。
 尚、この調査は学術研究のみを目的としており、ご回答いただいたデータが商業的に利用されたり、個人データの形で公開されることは一切ありません。集計された結果(数値や記述事項)だけが使われます。

 <アンケートの所用時間は、およそ15分です。>
 

− アンケートにお答えいただいた方へのささやかなお礼として −

 抽選で15名の方に、Amazonギフト券(1000円分)をプレゼントします。ご希望の方は、アンケートの最後にメールアドレスをご記入ください。
 また、地域通貨(レインボーリング又は上尾ビレッジ)をお使いの方は、地域通貨(200リング又は200アッピー)でお礼をさせていただきます。ご希望の方は、アンケートの最後に必要事項をご記入ください。
 


 まずはじめに、次の2つの言葉の意味について、当てはまるものを1つ選んでチェックしてください。チェックが終わったら、設問に移ってください。

     生態系        生物多様性



I.自然環境についての設問


 わたしたちの周りには多くの生き物がいます。彼らは長い地球の歴史の中で進化を続け、互いにつながり、支えあいながら、豊かで多様な生物の世界を作り出しました。しかし現在、地球上の野生生物はかつてない規模と速度で減少していると言われています。(国内では、2003年に日本産の最後のトキが滅び、戦後初めて日本国内での絶滅が確認されました。)

 種の絶滅の大きな要因の1つに、「侵略的外来種」の影響が挙げられます。(図1参照)
人間の移動にともない、人間の意図する・しないに関らず、本来の生息地とは違う場所にもたらされるようになった生物種を「外来種」といいます。中でも、人の生命・身体、農林水産業、生態系へ被害を及ぼすものは「侵略的外来種」と呼ばれ、近年問題となっています。


注)鳥類は1,045、ほ乳類は760、両生類は1,641のそれぞれ絶滅のおそれのある種をサンプルとして使用。
(環境要覧2005/2006より。出所:IUCN・2004 IUCN Red List of Threatened Species, A Global Species Assessment)
注)いくつかの要因が考えられるものは、その両方ともには入っています。


以下、当てはまる番号を1つ選んでチェックしてください。

問1 あなたは上記の「外来種問題」を知っていましたか。

  よく知っていた。
  知っていた。
  言葉は聞いたことがあった。
  知らなかった。

問2 問1で「知っていた」「聞いたことがあった」にチェックをした方だけお答えください。あなたは、「外来生物」に関する情報や知識を、どこから得ましたか。(複数可)具体的に分かる場合は、下欄に記載ください。

  テレビ・ラジオ
  インターネット
  新聞・雑誌
  行政による白書や広報誌など
  講演会、勉強会などの催し
  動物園、水族館などの展示
  その他
 具体的に(

     
問3 あなたは「外来種問題」を身近な問題だと感じますか。

  大変身近に感じる。    →問4に進んでください。
  やや身近に感じる。    →問4に進んでください。
  あまり身近に感じない。  →問5に進んでください。
  まったく身近に感じない。 →問5に進んでください。

問4 問3で「身近に感じる」にチェックした方だけお答えください。その理由は何ですか。(複数可)具体的にある場合は、下欄に記載ください。

  テレビや雑誌などで、頻繁に報道されているから。
  身近な場所に外来生物による被害があるから。
  外来生物を飼っているから。
  その他(

     
 世界的に外来種問題が深刻化する中、わが国では2005年6月に「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」が施行されました。この法律のもと、被害を及ぼす、海外起源の外来生物は「特定外来生物」として指定され、輸入や飼育等の取り扱いが規制され、防除の対象となります。また、飼育等の禁止に違反した場合は、個人で最高3年以下の懲役もしくは300万以下の罰金、法人の場合1億円以下の罰金が科されます。

問5 あなたは上記の「外来生物法(略称)」を知っていましたか。

  よく知っていた。
  知っていた。
  言葉は聞いたことがあった。
  知らなかった。

 2006年9月1日より「特定外来生物」に追加指定され、原則的に飼育等が禁止されることとなった種の1つに「セイヨウオオマルハナバチ(以下「セイヨウ」と略す)があります。セイヨウは1991年、トマト等の花粉の運び屋として日本に輸入が開始されて以来、それまでの手作業による受粉作業の多大な労力を軽減し、またトマト等を低農薬、高品質にするなどの利点から、急激にその需要を拡大してきました。

 しかし一方で、1996年に屋外でセイヨウの野生巣が発見されて以来、強い競争力を持つセイヨウが、日本在来のマルハナバチに与える影響が懸念されています。エサになる花資源や営巣場所の独占、在来マルハナバチとの交雑による繁殖妨害、といった影響が指摘され、在来マルハナバチの割合は急速に減少していると言われています。
 また、マルハナバチがめったなことでは人や動物を刺すハチではありません。餌のすべてを花粉や花蜜に頼っているため、在来のマルハナバチに受粉を頼って花の形を進化させてきた日本在来の花々も、同時に衰退するという懸念も挙げられています。  

 
(参考:ツツジに訪花する在来コマルハナバチ) (参考:セイヨウオオマルハナバチ)
問6 あなたは上記の、セイヨウオオマルハナバチを巡る問題を知っていましたか。

  よく知っていた。
  知っていた。
  言葉は聞いたことがあった。
  知らなかった。


 それではここで、減少に向っているその日本在来のマルハナバチ1種が、将来絶滅すると仮定してください。

 ・ その種の絶滅が自然環境に与える影響については、まだ科学的に正確には分かっていま
  せん。
 ・ 現時点においては、その種は商品や資源として、特別に価値のあるものではありません。
 ・ その種がいなくなることで、直接的、短期間において、私たちが日常その影響を感じること
  は、通常はほとんどありません。

 現在、そのハチの絶滅を引き起こす外来種対策のための基金の設立が計画されているとします。 そして、あなたの世帯にも支出を求めており、その場合<15000円>の負担をしていただく必要があります。       

 (ただし、この基金への支出は各世帯1回限りです。 この支出によって、家計の他の支出を減らさなければならなくなることを、十分念頭においてください。
  尚、わが国には他にも絶滅の危機にある種が多数あり、今後、別の種の絶滅に対処するための基金への協力が求められることもあり得ると想定の上、お答えください。)

問7 日本在来のハチ1種を絶滅から守るために、あなたは<15000円>を支払ってもよいと思いますか。

 次の、どちらかにチェックをつけてください。
         はい     → 問8に進んでください。
         いいえ    → 問9に進んでください。

問8 問7で「はい」と答えた人だけ、ご回答ください。理由は何ですか。最も大きな理由を示すものに1つだけチェックをつけてください

  外来生物を持ち込むという人間の行為によって、自然界の生物を絶滅させるべきではないから。
  生物多様性を損ないたくないから。
  1つの種の絶滅が、将来思いがけないような影響を及ぼすかもしれないから。
  絶滅する種が将来役に立つ生物かもしれないから。
  金額が低いから。
  その他(具体的にあれば  

問9 問7で「いいえ」と答えた人だけ、ご回答ください。理由は何ですか。最も大きな理由を示すものに1つだけチェックをつけてください。

  金額が高すぎるから。
  種が絶滅しても、自分には関係ないから。
  種を絶滅から守ることは賛成だが、自分で負担する必要はないから。
  現時点で、その種が生態系に及ぼす影響が科学的に正確に証明されていないから。
  現時点で、その種の価値が正確に分からないから。
その他(具体的にあれば









II. トマトについての設問 

 ここからは、上述のセイヨウオオマルハナバチが、その受粉に大きく関わっている、ハウス栽培トマトについて質問させていただきます。まず初めに、あなたがトマトを購入する際に、どのような点に考慮して購入しているかについてお伺いします。
問1 初めにお伺いします。あなたが日常、食品などの買い物をする方ですか。

  日常的にする。
  時々する。
  ほとんどしない。

問2 あなたがトマトを買うときに、色(熟し加減)について購入しますか。トマトの色は、ここでは大きく「やや緑色」「赤色」「熟した赤色」の3種に分類します。

  大変考慮する。
  考慮する。
  やや考慮する。
  考慮しない。

問3 あなたがトマトを購入する際、そのトマトの産地について関心を払いますか。ここでは、トマトの産地を「地場産(お住まいの都道府県内で作られたもの)」「国内産(お住まいの都道府県以外の、日本国内で作られたもの)」「韓国産(輸入)」の、大きく3つに分類します。

  大変関心を払う。
  関心を払う。
  やや関心を払う。
  関心を払わない。

問4 あたなはトマトを購入する際、お買い求めのトマトが生産される際、周囲の自然環境に影響を与えないよう、「自然への配慮」がされているかどうかについて意識したことがありますか。
ただし、ここで「自然への配慮」とは、トマト生産農家において、以下2点の外来種セイヨウに対する施策がされているかいないかのみを問題とします。使われている肥料や農薬の量など、他の条件は一切同じであるとお考え下さい。また、生態系に配慮する施策がなされている場合は、トマトにそれを示すラベルが貼ってあるため区別が出来るとものとします。

(施策その1)栽培ハウスへのハチ逸出防止ネット展張
  ハウスから外にセイヨウが出ないように、ハウスの出入口や喚起部にネットを張ることを指します。(図2参照)ハウス外にセイヨウが出ると、花粉の少ないトマトよりも魅力的な在来の花々に訪花し、在来マルハナバチと競合する可能性が高いとされています。

(図2)

           (ネット張りハウスの例 出所:環境省 特定外来生物等分類群専門家グループ会合(昆虫類)セイヨウオオマルハナバチ小グループ会合資料より)

(施策その2)巣の適正処理
  マルハナバチは1年で生活を終える昆虫なので、一族の巣が崩壊する前に生まれる新女王(翌年の一族の女王となるハチ)と雄ハチを野外に逃がさなければ、野生化は起こり得ません。そのため、使用が終了したセイヨウの巣を適切に処理することは、野外生態系への影響を防ぐために有効とされています。

以上をふまえて回答ください。あなたは、お買い求めのトマトの生産が、農家周辺の自然環境に影響を与えているかについて、意識しますか。

  常に意識する。
  時々意識する。
  意識したことがない。

問5 ここからは、数種類のトマトの中から、あなたが購入したいと考えるトマトの順番を記入していただきます。記入例を参考に、あまり難しく考えずにお答えください。
 ※価格は実際の店頭価格とは異なります。選択肢の中からご自身の感覚でお答えくださって結構です。
 ※価格の単位であるトマト1kgは、直径7〜8cmのトマト約6個です。



(トマト1kgの基準とした7〜8cmトマトの大きさをイメージするために、上記の写真中のライターの大きさや、下記の長さを参考にしてください。)



回答方法

 以下4つの選択肢の中から、あなたの購入したいトマトの順番1〜3を順位の欄に選んでください。
 例えば、下表の1のトマトとは「やや緑色で、国内産、自然への配慮がされた農家で生産されており、価格は400円のトマト」ということになります。
 そして、以下の1〜3のトマトの中から購入するとした場合、「1」のトマトが一番好ましく、続いて「3」のトマト、2を選ぶくらいならば「購入しない」を選ぶ場合は、次のように回答してください。

記入例
 問5−例
 色(熟し加減) やや緑色 熟した赤色 赤色 購入しない
 産地 国内産 地場産 韓国産
 自然への配慮     (生産時) あり なし あり
 価格(1kg) 400 300 500
 順位 1 2 3



それでは、上記の記入例を参考に、次の6つの表それぞれについて、4つの選択肢の中から、あなたの購入したいトマトの順番1〜3を順位の欄にご記入ください。

 問5−1
 色(熟し加減) やや緑色 熟した赤色 赤色 購入しない
 産地 国内産 地場産 韓国産
 自然への配慮     (生産時) あり なし あり
 価格(1kg) 300 300 500
 順位
 問5−2< /TD>
 色(熟し加減) 赤色 赤色 熟した赤色 購入しない
 産地 国内産 国内産 韓国産
 自然への配慮     (生産時) あり なし あり
 価格(1kg) 400 300 300
 順位
 問5−3
 色(熟し加減) 熟した赤色 赤色 やや緑色 購入しない
 産地 国内産 韓国産 地場産
 自然への配慮     (生産時) あり なし なし
 価格(1kg) 500 300 400
 順位
 問5−4
 色(熟し加減) やや緑色 熟した赤色 やや緑色 購入しない
 産地 地場産 韓国産 韓国産
 自然への配慮     (生産時) あり なし なし
 価格(1kg) 300 400 500
 順位
 問5−5
 色(熟し加減) 赤色 やや緑色 熟した赤色 購入しない
 産地 地場産 国内産 国内産
 自然への配慮     (生産時) あり なし なし
 価格(1kg) 400 500 400
 順位
 問5−6
 色(熟し加減) 熟した赤色 赤色 やや緑色 購入しない
 産地 地場産 地場産 韓国産
 自然への配慮     (生産時) あり なし あり
 価格(1kg) 500 500 400
 順位
       
   
   
   
   
             


III.最後にあなたご自身についてお答えください。

問1 あなたのお住まいはどちらですか。都道府県と市町村名だけを記入してください。

     区市町村 

問2 あなたの性別と年齢階層を教えて下さい。

 性別    年齢階層 

問3 あなたの家庭のおよその年収を税込みでお示しください(税・年金も含めます)
 ※年収の違いが調査結果に影響を与えているかを分析する目的でお伺いしています。
 任意回答で結構です。1人暮らしの方は、お1人で1世帯となります。    

 年収 

問4 あなたのご職業を教えて下さい。

 職業   「その他」の場合 

問5.次に当てはまるものがある方は、ボックスにチェックしてください。

  トマトの生産に関わっている。
  セイヨウオオマルハナバチを利用している。
  セイヨウオオマルハナバチの排除活動に参加したことがある。
  環境に関わるNGOに勤務、又は活動のボランティアをしている。
  企業で環境に関わる業務を行っている。
  環境に関する研究を行っている。


以下の問いには、一番あてはまる答えを1つ選んで、ボックスにチェックをつけてください。

問6.あなたは、消費者が環境に配慮した製品を買うようになれば、環境保全への取り組みは促進されると思いますか。

  大変そう思う。
  ややそう思う。
  あまりそう思わない。
  まったくそう思わない。

問7.あなたは、企業が環境に配慮した製品やサービスを提供するようになれば、環境保全への取り組みは促進されると思いますか。

  大変そう思う。
  ややそう思う。
  あまりそう思わない。
  まったくそう思わない。

問8.あなたは、身近な自然環境が少なくなってきたと感じますか。

  大変感じる。
  やや感じる。
  あまり感じない。
  全く感じない。

問9.あなたは、身近な植物や動物の種類が変わってきたと感じますか。

  大変感じる。
  やや感じる。
  あまり感じない。
  全く感じない。

問10.あなたは地球上に生息する多種多様な生物を適切に保全する「生物多様性の保全」について、どのようにお考えですか。

  人間の生活がある程度制約されても、多種多様な生物が生息できる環境の保全を優先するべきである。
  人間の生活が制約されない程度に、多種多様な生物が生息できる環境の保全を進めるべきである。
  生活の豊かさを確保するためには、多種多様な生物が生息できる環境が失われてもやむを得ない。
  その他(

問11.問10で「生物多様性の保全をすべき」と思われるのはどのような理由からですか。

  将来人間にとって役に立つ資源が失われるかもしれないから。
  動植物の生態系を守ることそのものが重要だから。
  人間も地球上の生物のつながりの一部であり、生物多様性の喪失は人間に影響を与えることになるから。
   その他(

問12.地球上ではあらゆる生き物が、食物連鎖によってつながっています。
植物(生産者)が光合成によりエネルギーを生産し、それを草食動物(一次消費者)が食べ、草食動物を肉食動物(二次消費者)が食べ、さらにそれをワシやタカなどの猛禽類や、肉食ほ乳類(高次消費者)が食べます。それら消費者の排泄物や死骸はバクテリアなどの土壌生物によって分解され、それを養分にして再び植物が成長する、というようにすべての生き物が関わり合いながら循環しています。数の割合から、その関係は、下の図のようにピラミッド状で表されるとされています。

それでは、この地球上でつながりあった生き物たちのピラミッドの中で、人間はどこに位置すると思いますか。下の図の中で、一番お考えに近い番号にチェックしてください。(図の中の生き物は一例です。)


  生態系ピラミッドの頂点にいる(図の1)
  生態系ピラミッド全体をおおっている(図の2)
  生態系ピラミッドとは外れたところにいる(図の3)
  その他(

問13.問12のお答えの理由は何ですか。理由があればお書きください。


問14. その他、何かご意見ありましたら以下に記入してください

 

以上でアンケートの記入が終わりました。
ご協力ありがとうございました。


抽選で15名の方にプレゼント(amazonギフト券1000円分)をお送りします。
プレゼントご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
 メールアドレス

地域通貨(レインボーリング・上尾ビレッジ)を使用される方は、地域通貨でお礼いたします。
ご希望の方は、地域通貨を選択し、メールアドレスをご記入ください。
 地域通貨 
 メールアドレス
 レインボーリングID

間違いがなければ、以下の送信ボタンを押してください。





《謝辞》
 アンケートは以上です。
 お忙しい中、最後までご協力いただき、有難うございました。
お1人ずつ直接お礼を申し上げることは出来ませんが、ご協力に心より感謝いたします。
 また、本アンケートの作成にあたりご協力いただきました皆様に、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。